フィナステリドを飲むと逆にハゲる!?

特別な最新医療を除いて、今もっともAGAに効果的だと認められているのがフィナステリドです。

AGAで悩む人であれば、誰もが知っている薬ですよね。

フィナステリドを服用することで、抜け毛を抑制することができるのですから、ぜひともすぐに飲み始めたい薬なのではと思います。

しかし、フィナステリドについて調べていると、「フィナステリドを飲み始めたことで抜け毛が増えた」、なんて口コミを見つけたことはないでしょうか?抜け毛を遅らせる薬なのに、抜けてしまうなんてありえない!なんて思いますが、そんな口コミが1件2件ではないことを考えると、AGAを治したいと思っても躊躇してしまいますよね。

そもそも、フィナステリドは皮膚科で処方してもらったとしても1か月7,500円程度、AGA専門クリニックの場合は、他の薬やサプリメントと合わせて1か月3万円程度かかります。

普通の疾患で処方される薬に比べると、健康保険が適用されないためにかなり割高になってしまいます。

「AGAを治したい」と強く思うからこそ、少々高額になってもフィナステリドの服用を始めようかと思うのに、むしろ抜け毛を加速してしまうことになれば、意味がありませんよね。

しかし、中にはフィナステリドのおかげで、順調にAGAを克服している人だってたくさんいるのは事実。

逆に、そのような人たちの口コミを見ていると、やっぱりチャレンジしてみようかな…とあれこれ思い悩んでしまうものです。

でも、いったいどうしてフィナステリドを飲むと逆に抜け毛が増えることがあるのでしょうか?

Comments are closed.